ハローワークの職業訓練プログラムを受講した感想。

今年の正月明けからハローワーク職業訓練プログラムを3ヶ月ほど受講した。それに至るまでのいきさつはイロイロあるので以下省略しますが、もともとハローワークの訓練プログラムや失業給付金などのサポートは過去数回の転職時においても食わず嫌いの面倒臭がりで見向きもしなかったのですが、今回は連れのアドバイスもいただき更には興味のある訓練プログラムもあったのでハローワークを初体験してみました。

以下、殴り書きですが、経緯の中で感じたことを記載します。

職業がIT関連なのでハローワークでの求人紹介サポートはほとんど受けませんでした。これは今まで通り民間の転職サイトに複数登録してスカウトや情報を物色しつつエージェントさんのサポートを受けながら進めました。

給付金ですが、こちらは前職までのお給料などにより支払われる金額も変わるので各位でご確認をといったところだと思います。で、お金をいただきながら訓練プログラムでお勉強をするという形になるので、欠席するとその日の支給はなくなりますし副業やアルバイトなどで稼ぎすぎるとそれも支給に影響があるっぽいです。

自分が受講した訓練プログラムはPython基本情報処理の基礎を3ヶ月で学ぶというものでした。まず、定員があるので申し込んだあとに選考があるのですが、申請書類にある動機を書く欄は重要みたいです。アピール大事。さらに体験入学のようなものがあるのであればそれに参加しないと選考から外れる可能性が高くなるとのことでした。ちょっと選考基準が古臭いキライはあるかなぁと思います。

で、訓練プログラムを受講する学校ですが、自分が入学したところは民間のSIerさんでした。東京都から指示された訓練の内容や資格取得の援助や転職のサポートなど、契約に基づいて民間企業がそれを行う形です。自分が通った学校について言えば先生方も冗談の通じる面白い方が多くて楽しく勉強出来たと思います。転職サポートとしても10社ほどの企業の採用担当を呼んできて、面接というよりは話を聞く場を作ってくれて未経験の方でも入りやすい環境だったと思います。

そもそも学校に参加される人も様々なバックグラウンドを持った人が集まります。貿易やってましたとか、DJやってますとか、バックパッカーでしたとか、どういう経緯でここにきたのか聞きたくなるような人ばっかりです。スキルもそれぞれなのですが急激に成長していくセンスある人もいれば、3ヶ月経っても大して変わりませんでしたって人もいるのが事実ですね。なので授業内容も特化したものを教えるというよりは薄く広くテキストをまんべんなくこなすといった感じになってしまうのは仕方のない部分だと思います。

無事、卒業したあとは転職活動するのですが(卒業せずとも転職できればそれにこしたことはないっす)、自分の場合は比較的早めに決まったので支給予定の最後の1回分をもらう前に転職活動終了となりました。給付金をもらうには転職活動をしていることが条件なので就職を決めた段階で支給はされなくなります。

最後に雑感ですが、紙ベースのやりとりが多過ぎるのが嫌でした。ハローワーク自体、もう少し民間の転職サイトのように電子化というかウェブ化して欲しいですかね。コロナもまだ全然収まる気配がないのでリモートでの面談を取り入れて活用しやすいようにして欲しいとおもいます。それと、通学している時にリモート面接を受けたのですが、ハローワークでは面接(就職活動)をした際に企業に面接を受けたということを書類に記入してもらうルールなのですが、それは距離的に出来ませんと言ったら欠勤扱い(給付金の支給なし)となりました。リモート面接は物理的な距離に関係なく増えていると思うのでここいらへんももう少し柔軟に対応してもらえればなぁと感じます。

簡単に言うとやり方が古いお作法に則っている部分があるので改善してほしいかなぁと思います。