「UNIXという考え方」を読みました。

shop.ohmsha.co.jp

整理がてら記憶の呼び戻しも兼ねて再読。良いですね。まさに考え方を著している書籍です。移植性は特に対話的シェルやシェルスクリプトの設計思想として語られることが多いかと思いますが、標準入力・標準出力・標準エラーなど非拘束的にプログラムが通信し連鎖しあえること、なぜlsコマンドはファイルがなければ何も出力せずにプロンプトに戻るように設計されているのかは初心者にとって理解が必要なポイントであると思います。更に理解が深まればXはカーネルに組み込まれるべきではないといった設計思想まで踏み込んでいけると思います。技術書に分類出来るのかと言われるとそうではない気もしますが、UNIXに触れる前に読むべき一冊ではあると思います。