逃げない方が良いと思う件。

人づてに聞いたとある会社のお話ですが、ある方が発注の伝票をいろいろミスってたのが大量に発覚し過去分含めて修正やら取りこぼしがないのかなどの確認作業が突発したそうです。やらかしてしまったのはどうしようもないとは思うのですが、そのやらかしてしまった方が会社に来なくなりLINEなんかの個人的なやりとりを試みるも「連絡はしないでください」とのこと。結局残った方々でやるしかなく、難儀ではあるけれどお客様へ直接確認したりメールやソフトの履歴を追跡をしながら修正作業を行ったそうです。

細かい方針は分からないけれども、数か月後にはその方が退職扱いとなり過去の人になったそうです。

まぁ性格的なところもあるのかもしれませんが、失敗してしまった時の初動って結構大事だと思うんですよ。上の例では特に怒鳴り散らすような上司もいなければ嫌味を言われるような鬱な環境でも無かったようなので、「すいません、ミスってしまいました。申し訳ないのですが修正手伝ってもらえませんか?」と言われれば助けてくれるような状況ではあったようなんですよね。ある意味開き直りと捉えられる部分もあるかもしれませんが、失敗してしまった事自体は取り戻せないですし、どこをどう失敗したか事実をはっきりとさせる事によってその後の作業がやりやすくなるというメリットもあると思うんですよね。

ただただやってしまった事に対して逃げる事だけを考えて行動すると、自分だけは簡単に楽になれるかもしれませんが今後の活動に悪影響与えてしまうこともあるでしょう。失敗によるリカバリーも含めて自分の責任として業務を最後まで終わらせる努力って大事だと思います。見る人によっては評価がむしろ上がる事だってあると思うんですがね。。