高知のおもひで。

今年は出張が多すぎたので、各地での思い出を小出しにしていこうと思いますが、個人的に来年の旅行計画の筆頭に上がっている高知のお話をしようと思います。高知と愛媛には2回程出向きまして、はりまや橋周辺でお仕事をしつつ夜に昼にお楽しみな時間が作れました。龍馬さんは言わずもがななんですが、高知駅からはりまや橋にかけての大通り沿いにアンパンマンキャラクター大杉ですw。子供にとってはパラダイスな仕様になっておりますが、自分もばい菌マンをがっつり撮影してしまいました。

仕事場に向かうタクシーの中では、路面電車の駅名の由来を伺う事が出来て教科書では習わなかったであろう歴史の一部を勉強出来ました。「いーの」と「ごめん」は一生忘れないと思います。

うちの会社は女性陣が多いので、お土産どうしたもんかと思いましたが、たまご屋さんの半熟カステラを送ってみました。

たまご屋さんのバウムクーヘン|たまごファミリー | 高知

好評だったので良かったのですが、高知駅からの徒歩だと少し遠いですかね。タクシーって距離でもないチャリンコが欲しいといった感じです。夏場で暑い中の移動でしたが、町並みも楽しめて良かったかなぁと思います。

当然ながらの高知城観光をした後で、やっぱりひろめ市場です。雑多な感じは気軽で良いですね。空いた席に座って沢山ある屋台から食べたいお料理を選んでビールも飲めて、時間が許す限り居続けたい空間でしたが、〆の屋台安兵衛が最終目的だったので移動。はりまや橋の北側に位置する本店さんに到着したところ丁度よい具合に席も空いており、待ったなしで暖簾をくぐりました。餃子とビールを楽しんだあとのザ・中華そばって感じのラーメンはたまらんでした。東京は恵比寿の安兵衛はまだ手付かずなんですが、若干あの餃子とラーメンの禁断症状が出ているので近いうちに行ってみたいと思います。

次に行ったときは路面電車の両端も制覇したいと思います。