久しぶりにのんびりした空気を吸った件について。

諸事情ありというか結婚のご挨拶にと沖縄は糸満市へ土日を使ってトンボ帰りで行ってきた。天気が晴天だったのは嬉しいのだけど、いかんせん日差しが痛い。地元の人が長袖長ズボンでいる意味がようやく理解出来た。沖縄には去年に仕事で那覇市に行っていて、お仕事終わりの翌日にお休みをもらって観光はしていた。徒歩だし帰りの便の都合もありでベタではあるけれど首里城を観光し、首里そばを食べて国際通り沿いや公設市場を歩き回った。実は首里そばを食べたあとに、ちょっと散歩したいと思って徒歩で国際通りまで歩いたのですが、やはり沖縄らしい町並みで家はコンクリート打ちっぱなしが多いし屋根の上にある貯水タンクも沖縄ならではだし、お墓なんかは自分が知っているお墓とは明らかに一線を画していて、同じ日本ではあるのだけど自分には分からない文化みたいなものがあるんだろうなぁと感じたのですよ。まぁ、細かい話はツレからも時折聞いていたりするのですが。

糸満初上陸後、ホテルのチェックインやらお買い物やらで街を歩き回ったのですが、人も少なく車もさほどといったところで流石に那覇ほどの派手さはないなぁ~と思いながらも、海を常に視界におきながら暑さ(痛さ)に耐えながら糸満散歩するのは楽しかったですね。翌日も朝から裏道散策してみたのですが、暑さのあまりに船場の日陰で海風を受けて休んでいると、聞いたことはないけど沖縄風の音頭を大音量で聞きながら船上で漁の準備している人々がいたり、久しぶりにのどかな風景を見れてなんかほっこりしました。つーか、飛行機どんどん飛び立っていくじゃないすかw。展望台にも登り日陰に入り強い風で涼みながら、海と空と町の景色見てるだけで懐かしい気分にさせてもらえました。

お食事会も、言い方は悪いかもしれないですが、適当というか呑気というか、急かす感じがまるでなく、本当にのんびりなんだなぁと強く感じましたね。普段、自分はいろいろと急ぎ過ぎていたのではなかろうかと反省する必要がありそうです。

ミッツァ、まいうー。

f:id:saikin-man:20190717232215j:plain

先日、連れの誕生日やらあれやらこれやらのお祝いで「デビルクラフト」行ってきたんです。クラフトビールも美味しいしチップスも合って言うことなしなんですが、衝撃だったのはミッツァです。あまりデリバリー的なピザが好きじゃないので食べないんですが、こんな感じのピザなら喜んで食いたいなぁと心改めた次第です。喰わず嫌いしてきて損した気がするし、美味しいピザを探す旅にでも出よう(単純でござる)。

「流れ梅」

 

 

shop.ng-life.jp

毎年、お世話になっている方にはお中元を贈らせてもらってるんですが、今年は流れ梅に決めてみました。子供時分は親戚のおばちゃんが買ってきてくれたように記憶してますが、程よい甘さとちゅるちゅるっと食べれてしまう食感がなかなかいいんすよね。ただ、今回沖縄にも送ろうかと思ったんですが、空路無理って言われました。恐らく、密封しているから気圧で爆発しちゃうからでなかろうか。。。

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を鑑賞しました。

godzilla-movie.jp

密林に出てくるまで待とうかとも思ったんですが、「ヒューマンドラマ少ない、だがそれがいい」ってトゥギャってたんで堪らず定時帰りで見にいきました。過去作の傾向だとちょいちょいモンスターズが出てきながらもヒューマンドラマメインで〆に大バトルみたいな展開が多かったように思いますが、出演するモンスターが多いのもあって序盤からどんどん暴れだすし、バトルを繰り広げながらヒューマンのサポートを受けながらも最後に界王拳発動するゴジラ渋い。映像も綺麗だし、音楽が日本風味っていうのもあって満足した映画でした。

「蜘蛛の巣を払う女」を鑑賞しました。

www.girl-in-spidersweb.jp

前作とは俳優は違えど役柄は引き継いでいるご様子。ただ、リズベットの一人相撲感が強いというか、若干ジェイソン・ボーンちっくになってるような気はする。世界観は好きなんだけど、前作ほど引き込まれなかったです。

「ズレずに生き抜く」を読みました。

books.bunshun.jp

山本さんならびにご家族の皆様、ご出産おめでとうございます。子だくさん、うらやましいですね。

文春オンラインの連載総まとめなので、概ね読んだ記憶のあるような文章ではあったんですが、ところどころ忘れていたり恐らく読んでいなかったものもあって、綺麗に復習出来ました。

基本的には物事の本質を見極めてきちんと考えようよって事だと感じます。インターネットによって情報発信、情報拡散が比較的容易になり、ネットが産声を上げた時代に比べればそれまでは小さすぎて見えなかった事が見えるようになったことも多くなり喜ばしい面があると思います。併せてデマや悪徳な商法なども発信されやすくはなっていますが、それも正しい知識を持った方々に指摘が入る事で軌道修正されることも多々あります。

一方で、所謂「情弱」ではないですが、多面的に情報を精査せずに薄皮だけを刈り取ってしまような人や、派手な見出しや写真だけに踊らされて内容を咀嚼しないままに発信や拡散をしてしまう人も多いように思います。

一時期、SNSを使えば何でも出来てしまうかの如く錯覚させるネタなんかも多かったように記憶していますが、SNS自体はツールとして有能だとしても、結局コンテンツに収益や集客を稼ぐことが出来る力がなければ無残な結果になってしまうのは目に見えています。同様にAIやビッグデータもそれらをどのように扱えば何が出来るのか、併せて運用コストや収益を上げることもセットで検討しなければならないものかと思いますが、トレンドに踊らされて先走った挙句に進化には程遠いゴミのようなツールが出来ただけで終わった事案も多いようです。そういった事案では概ね現場が大炎上するのもまた痛々しいところです。

仮想通貨なんかも個人的には一瞬で走り去って今は行方不明みたいな感覚なんですが、一発逆転を狙ったものの失敗して大損した方々もそれなりにいらっしゃたんじゃないでしょうか。技術的な意味でのブロックチェーンは仮想通貨だけのものでもないので今後応用されることもあるとは思いますが、なんとなく仮想通貨そのものはもう過去のものといった感覚があります。地味に積み立て投資をしてる方が健康的な気はしますね。。

とある本に、付箋やしおりのような便利なものが今はIT化されただけでそれそのものの効果は大きく変化していないといった文章を読んだ記憶があるのですが、情報を検索する姿形は変われどその本質はあまり変わっていないように感じます。ITだから何かが便利になるわけもなく、仕組みであったり使い方を日々学習していきアップデートを繰り返していく必要があります。昨日あったものが今日には無くなっているというと極論過ぎますが、それくらい早いスパンで物事が動いていく時代でもあります。流行り廃りに踊らされることなく、客観的に見据える姿勢を以て逝きたいと思います。

「イコライザー2」を鑑賞しました。

www.equalizer2.jp

世の中は「アベンジャーズ エンド・ゲーム」で賑わっておりましたが、ひそひそとAmazonのウォッチリストを消化するGWとなりました。エンド・ゲームも見たい気はするのですが、月末に公開する「ゴジラ キングオブモンスターズ」もあるのでエンド・ゲームもAmazonで消化しようかなと考えております。

ということでイコライザー2も400円で鑑賞。自慢の数秒無双で世の悪い人達を滅多打ちにするのは相変わらずですが、今回は昔のチーム仲間と対峙するっていう展開なので、前作のようにホームセンターにある商品を工夫しましたっていうようなアイデア戦法はあまり無く、プロ同士のガチ相撲となってしまったため、セガール無双に近いストーリーになってしまったのは少し残念でしょうか。安定のロバート・マッコールゆえに、ひやひや感がそぎ落とされてしまい、ギリギリ感がなかったのでは前作に比べて惜しいと感じました。